きずなループ事業|企業・障がい者施設・地域が創り出す未来への環境プロジェクト。只今、廃電線を募集しております。

福祉施設で働く障がい者の方の毎月の収入をご存知でしょうか。

no6-1障がい者福祉サービス事業所「ステップボード」所長 一重光治

厚生労働省の調査によりますと、就労継続支援B型事業所•通所授産施設、小規模通所授産施設といった障がい者施設で自立を目指して働いておられる障がい者の方の月収は、全国平均で14,838円(平成26年)です。

とても残念なことですが、障がい者施設が請け負っている仕事は決して効率の良いものとはいえないのが現実です。

その中でも、福島県は平均を大きく下回り、平成26年時点では、全国ワースト10位の13,571円となっていました。

そして現在、東日本大震災の企業活動の低迷や混乱のために、状況はより悪化しつつあります。私たちがお付き合いさせていただいている障がい者施設では、平均月収が一時7,000円程度まで低下していきました。

「きずなループ事業」は、こうした状況を改善するために生まれました。

以前から私たちは、新興国の経済成長により少なからぬ資源物が海外へ輸出されている現状を憂慮してきました。例えば電気工事や解体工事に伴って発生する廃電線の一部は、日本国内での処理コスト(人件費•設備投資)が嵩むことが原因でその多くが輸出されていますが、輸出先の低廉な人件費や緩やかな環境規制を背景に「公害の輸出」に近い現状が見受けられたのです。

そこで私たちは、障がい者施設に簡便なリサイクル機器を貸与し、地元再生資源業者の指導に従って作業を行うことで、施設を利用する障がい者の方々に就労の場を提供するとともに、再生資源の野放図な海外流出を抑制し、併せて資源物の国内還流•地元でのリサイクルを促進する「きずなループ事業」の仕組みを構築するに至りました。

no6

今後とも「きずなループ事業」の主旨をご理解いただき、私たちの取組みへみなさんのご賛同とご支援を賜りたく、お願いいたします。

↓つづきはpdfでご覧ください。

「きずなループ事業」参加のきっかけとこれから

no5

当社がきずなループ事業に参画したきっかけは、平成20 年に視察で行った中国で見た光景でした。そこでは日本から輸入された廃電線が山積みされており、周辺への環境負荷を何ら気にすることなく、銅を取り出す作業が行われていました。女性や子どもを含む作業者の方々が真っ黒になって作業を行っていた事が強く印象に残りました。

帰国後、日本国内でリサイクルにかけるコストがかさむために、品位の低い資源が中国に輸出されている事を知り、またのちに中国から飛来する黄砂や、そこに含まれるPM2.5 の問題などを知るにつけ、この責任の一端は「公害の輸出」を行ってきた私たち日本人にもあるのではないか、このままではいけないのではないか、と考えるようになりました。

しかし、具体的にはどうしたらよいのかがわからない、そんなもどかしい気持ちをずっと抱えていました。

東日本大震災の後で、福島県内の障がい者施設の方々が、仕事がない事でお困りになっているという事をお聞きした時、中国で見た光景――真っ黒になって働く女性や子どもたち、周辺の環境汚染――が頭によみがえりました。私の目の前には、障がいを抱えながらも仕事をしたい、社会に貢献したいと考える人たちがいる一方で、環境負荷を伴うかたちで国外に輸出されていく資源がある。それならば、輸出をやめて障がい者の方々にリサイクルの作業をやってもらい、その資源を極力国内で使うべきではないか?当時、子どもが生まれたばかりで「震災後の福島に生きるこの子たちに、私たちの世代はどんな未来を残せるのだろうか?」と思い悩む事が多かった私の胸中に、いつしかそんな想いがふつふつとこみ上げてきた事を今でもよく覚えています。

幸い、当社が立地する福島県会津地方は豊富な水資源と落差に富んだ地形がある事から明治時代から水力発電所が数多く建設されてきた経緯があり、当社では電力会社さんから払い下げられる廃電線を資源化する仕事をやってきたノウハウや、銅の販路などを持っていましたが、障がい者福祉については全くの無知でしたので最初はずいぶん苦労しました。

しかしながら、NPO 法人くるりんこさんとご縁をいただいた事で、福島県内の障がい者施設さんとのネットワークもできましたし、ちょうど時を同じくして、障がい者の方に安全に作業して頂けるリサイクル機器も登場してきました。そしてニュースレターやホームページによって「きずなループ事業」を知った多くの方々が原料である廃電線の提供というかたちでご協力・ご支援を申し出て下さいました。「きずなループ事業」関係者のひとりとして、この場を借りて心からの感謝を申し上げたいと思います。

当社は現在、各施設さんで資源化した銅をとりまとめ、地元の工場をふくむ国内ユーザー様へお届けしています。このところの資源価格の低迷により、廃電線買取価格が変更となったり、事業への参加を希望する障がい者施設さんに対して十分なリサイクル機器の台数が行き届かない等、まだまだ課題は尽きませんが、ご協力頂ける数多くの方々の想いを糧に「きずなループ事業」への取組みは今後とも続けていきたいと思います。

↓つづきはpdfでご覧ください。

廃電線仕入れ価格の値下げについて

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

さて、早速ですが、すでに経済新聞等で報じられておりますとおり、中国の過剰設備問題等による経済成長の鈍化、その他諸事情により鉄・非鉄スクラップ相場価格の下落が長期に渡り続いております。
そのような中で、買い取り価格を維持すべく輸送を含めたコスト削減や出荷先との交渉等に努めてまいりましたが、表記の値下げを余儀なくされる状況になりました。

つきましては、次回廃電線回収キット発送分より買い取り価格をキロあたり50円値下げ致したくお願い申し上げます。

協力企業様各位には大変ご迷惑をおかけすることになりますが、なにとぞご理解いただくとともに今後とも障がい者の自立支援、雇用創出、賃金向上を目的とした活動にご協力頂き、変わらぬ御愛顧を賜ります様、重ねてお願いする次第です。

謹白

 
1. 値下げ実施日  次回廃電線回収キット発送分より
1. 旧価格     100円/Kg(税抜)
1. 新価格     50円/Kg(税抜)

お問い合わせ先
きずなループ事業実行委員会事務局

【きずなループ事業】にご協力いただいている有眼会社良テック様よりうれしいお話をいただきました。

no4

障がい者の自立と資源リサイクルを推進する【きずなループ事業】にご協力をいただけるようになったきっかけとご意見をお聞かせください。

送られてきた【きずなループ事業】の案内冊子を拝見したのがきっかけです。見やすくわかりやすく内容がよく理解できたので、少しでも障がい者のカになれるのであれば協力しようと申込書をFAXしました。

当社は学校などの公共事業から商業施設、そして一般の家庭までの空調や電気関係の工事を業務としておりますので、作業後も安心していただけるように、メンテナンスなどのアフターまで、きっちりとした仕事をするように心がけています。

それらの仕事では、廃電線の処理も日常的に発生していますので、【きずなループ事業】で処理可能と思われる細かい廃電線を送っています。

送るといっても、NPO法人くるりんこから届けられたフレコンバッグが廃電線でいっぱいになった時点で、指定の宅配業者に電話するだけで運んでくれるので、手間がかからないのがいいです。

それに、少しでも社会のお役に立つわけですので、心も豊かになります。

これからも積極的に協力したいと考えています。

↓つづきはpdfでご覧ください。

【きずなループ事業】にご協力いただいている有限会社永橋電器様よりうれしいお話をいただきました。

201508

障がい者の自立と資源リサイクルを推進する【きずなループ事業】にご協力をいただけるようになりましたきっかけは?

昨年の夏頃【きずなループ事業】案内の冊子が送られて来たのがきっかけです。わかりやすく見やすい資料で内容がすんなりと理解できました。
当店はパナソニック特約店として、福島県南相馬市で電器店を営んでいるのですが、エアコンの取付け工事などで発生した廃電線の処分に手間がかかっていたこともあり、ちょうどいいと協力する事になりました。

【きずなループ事業】に対するご意見がありましたらお願いします。

一般家庭や事業所様をお得意様にして販売や取り付けをさせていただいていますので、そんなに大量の廃電線が出るわけではないのですが、それでも処分は専門の業者に売ったり事業所に持って行ったりと、ガソリン代や時間をかけて処理していました。

一時は自分で廃電線の剥離を手作業でしていた時もあるのですが、なんにしても廃電線の処理は厄介でした。
【きずなループ事業】への協力では、届けられたフレコンバッグに廃電線を入れておくだけで、たまったら勝手に持って行ってくれるし、期限や量の制約もない。さらになによりも、それが世の中のためになっているという事で廃電線を出す方も受け取る方もお互いにいい事ですね。

障がい者の自立支援がひとつの目的の事業と理解していますが、廃電線を処分してもらえるのは、正直のところありがたいと思っています。
この【きずなループ事業】に賛同する事で、障がい者の環境と自然環境の改善にお役に立てるということは、日本が抱えている問題解決にも協力できてるわけです。ですから機会あるごとに仕事仲間にも話すようにしています。今後もっとこの輪が広がるといいですね。

【きずなループ事業】の今後の展開にご要望やご提案をお願いします。

突然案内の冊子が送られて来たので、対象や目的に対して少し疑問でしたが、東日本大震災と福島第一原発の事故で、福島県の障がい者の自立目的の仕事の減少を補う事を目的に、福島県とその近隣県の廃電線に関わる企業に案内を送ったことを知りました。さらに、それらの案内書の封入や宛名張り作業も地元福島県の障がい者施設の仕事としているとのことにも感心しています。今後も積極的に協力したいと考えてます。

●街の電気店としてかゆいところに手が届くサービスと、常に同じスタッフがお伺いする安心感でお客様を大切にする有限会社永橋電器様ありがとうございました。

↓つづきはpdfでご覧ください。

くるりんこが推進する【きずなループ事業】が大きな評価をいただきました。ありがとうございます。

eco-img

私たち、NPO 法人くるりんこが取組んでいる【きずなループ事業】は、これまで日本国内でリサイクルするための費用がまかなえずに輸出され、結果として輸出先での公害を引き起こすリスクがあった廃電線の加工を、安定的な仕事として障がい者施設の収入源にすることを目的としております。

 この事業が社会的な評価をいただき「東日本大震災現地NPO 応援基金 特定助成 JT NPO 応援プロジェクト」の事業として採択されたことを機会として、事業の進捗が力強くなりました。

 当初、廃電線を剥離する剥線機は、メーカー様の善意により私たちが借り受けて、障がい者施設へ提供しておりましたが、助成のお力で大型の剥線機を2 台購入して新しい施設へ提供することができました。結果、より多様な廃電線の剥離作業が可能となり、常に障がい者への工賃を上げたいと思案している関係者の方への一筋の光となりそうです。

↓つづきはpdfでご覧ください。

「この世界から少しでも悲しみを減らしたい」という願いから「くるりんこ」は生まれました。

imgNPO 法人くるりんこの誕生には、2 つのきっかけがありました。

ひとつめは、視察で訪れた中国で見た光景です。そこでは、日本国内でリサイクルするのに手間暇がかかるために、輸出された廃電線が、決して衛生的とは言えない環境の中で、無数の作業者の手によって選別・加工されていました。

ふたつめは、東日本大震災の後で被災地の障がい者施設の方々から聞いた「施設利用者にやってもらう仕事がない」という悲痛な声です。

そこで私たちはこの2 つの悲しみを減らしたいという想いから

①障がい者施設にリサイクル機器を貸し出す。
②今まで輸出されていた廃電線の再資源化作業を障がい者施設にやってもらい工賃を支払う。
③作業の成果である資源物を地元の工場で使用してもらう

の3 本柱からなる「きずなループ事業」を考え、これを実行するための団体として、2013年5月にNPO法人くるりんこを設立したのです。

↓つづきはpdfでご覧ください。

ホームページを作成しました

きずなループ事業のホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

この度、ホームページを作成いたしました。
障がい者の自立支援、雇用創出、賃金向上を目的とし、さらなるコンテンツの拡充等を行う予定ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。