きずなループ事業|企業・障がい者施設・地域が創り出す未来への環境プロジェクト。只今、廃電線を募集しております。

仕事の流れ

~障がい者施設の皆様へ卓上型剥線機のご紹介~

電線剥離の仕事を障がい者施設の皆さんに行ってもらう場合、事務局から剥線機をお貸ししています。
 ここで紹介するのは卓上型剥線機「電線マン」です。「電線マン」は家庭電源での使用が可能で操作も簡単な最新機器です。納入・操作説明・故障時の対応等、すべて事務局が責任を持ってフォローアップ致しますので、安心して導入して頂くことができます。
flow-img1

「きずなループ事業」のご参加について

障がい者施設様

この「きずなループ事業」の電線剥離リサイクル事業にご興味を持たれた障がい者施設様からご連絡を頂ければ事務局の相談担当員が導入にあたっての様々なご相談をさせて頂きますので、安心して電線剥離リサイクルを作業として導入して頂くことができます。

一般企業様

「きずなループ事業」では電線剥離リサイクル事業でリサイクルする廃電線を提供して頂ける一般企業様を募集させて頂いております。詳細に付きましては窓口にお問い合わせ頂ければご案内させて頂きます。皆様の参加無くして成り立たない事業となりますので、御検討の程、宜しくお願い致します。

地域の方々

廃電線をご提供頂けるようでしたら、少量でも結構ですので、まずは窓口にお問い合わせ頂ければ幸いです。また現在みなさまのお住まいの地域で発生する資源物を「きずなループ事業」提携先企業に寄付して頂き、その収益金を「きずなループ事業」運営資金として活用させて頂く仕組みもございますので(※)、ご興味がおありでしたらお問い合わせください。
※現在は福島県会津地方でのみ実施しております。
flow-img2

仕事の流れ (郡山市導入先/EARTHBOOKさんの作業風景)

flow-img3

管理者 黒澤 悦男 様

私達、EARTHBOOKでは野菜作りの仕事を中心に活動をしておりますが、冬の寒い日に雪が続きますとどうしても利用者様が室内でできる作業を探すという事が私達職員の頭を悩ます事となっていました。
 「きずなループ事業」に参加してからは電線剥離の仕事が切れる事無く依頼されてきますので、利用者様も毎日仕事に従事できる楽しさで安心して通所して頂いております。私達職員としても“仕事が途切れない”という事で今迄仕事を探していた時間を利用者様とのコミュニケーションにまわせ、本当に充実した毎日を過ごさせて頂いております。

flow-img4

不要になった廃電線をご提供下さい!

きずなループ事業実行委員会事務局
0120-536-672
受付時間 10:00~17:00(土・日・祝日除く)
※郡山市の便利屋さん「お助けレンジャー」さんのお電話をお借りしています。お問い合わせの際は「きずなループ事業」についてのお問い合わせであることをお伝えください。